「認知症の人が参加する研究の倫理」に関する提言

「認知症の人が参加する研究の倫理」に関する提言

意思決定能力が低下した人を支援するために

  • 定価 1,944円(税込)
  • 監修:日本臨床倫理学会
  • 編著:日本臨床倫理学会「認知症の人が参加する研究の倫理」に関するワーキンググループ
  • 1版・B5・70ページ・並製
  • 発行年月:2019年03月
  • ISBN 978-4-89269-971-9
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

臨床研究から、介護技術・生活環境に関する研究まで
認知症の人が参加するすべての研究に関わる人が知っておくべき
倫理的提言

認知症の人の意思決定を支援することを重視しながら、治療と研究との違いを踏まえ、認知症の人にもたらされるベネフィットやリスクと、意思決定能力の低下との関係を検討し、具体的に配慮すべき点について明記しました。

14の要約と本編12章からなる提言

はじめに

第1章 研究のカテゴリー

第2章 リクルートメント

第3章 意思決定能力の評価

第4章 インフォームドコンセント(本人の意向)

第5章 家族等による代理判断(代諾)proxy consent

第6章 assentとdissentの評価

第7章 リスクとベネフィット分析・評価

第8章 リスクのある研究における同意・代諾の問題

第9章 プライバシー(個人情報)保護

第10章 研究倫理委員会のない施設におけるアドバイスの仕組みづくり

第11章 研究参加に関する事前指示

第12章 認知症の人が参加する研究に関わる人々(研究者・家族介護者など)への教育・支援について

Appendix ケーススタディー 研究計画書

関連書籍

  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 在宅新療0-100 2018年8月号
  • 在宅新療0-100 2017年10月号
  • ホームヘルプ研修テキスト 精神障害者の自立をどう支えるか
  • ケアマネジャー必携24時間ケアプラン

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲