会社沿革 ‚Ö‚é‚·ƒƒS

へるす出版のマークは、早期胃がんをモチーフとし、その周囲にラテン語 sanitas est aeterna(健康は永遠)

を配したものである。

 年表
1975年2月 東京都中野区にて、株式会社へるす出版を創業
看護誌向けのセミナーを主催
4月 月刊誌『臨牀看護』を創刊
1976年8月 株式会社へるす出版事業部を設立
1977年5月 日本救急医学会の準機関誌として『救急医学』を創刊(隔月刊)
1978年5月 『救急医学』を月刊誌に変更する
7月 月刊誌『小児看護』を創刊
11月 月刊誌『消化器外科』を創刊
1980年11月 『消化器外科セミナー(後に消化器病セミナー)』刊行
1981年3月 『消化器外科原色図譜』刊行
8月 新社屋完成(現在の場所へ移転する)
1989年4月 『外科学』刊行
1990年8月 月刊誌『救急医学』商業誌としてスタート
1991年6月 『ナースのためのくすりの事典』刊行
7月 国家資格である救急救命士の教科書『救急救命士標準テキスト』を刊行
1992年1月 『救急隊員標準課程テキスト(現:救急隊員標準テキスト)』刊行
1997年4月 『救急蘇生法の指針』を刊行
1998年12月 国家資格である精神保健福祉士の教科書『精神保健福祉士養成セミナー』刊行
2002年5月 『コンセンサス癌治療』創刊
2002年12月 わが国外傷初療のスタンダードを示した『外傷初期診療ガイドラインJATEC』刊行
2007年4月 『小児看護辞典』刊行
8月 『外傷初期看護ガイドラインJNTEC』刊行
2008年8月 医学専門書界における初の新書『へるす出版新書』刊行
2010年4月 外傷病院前救護のバイブル『JPTECガイドブック』刊行
11月 母乳育児セミナー開催開始
2011年2月 『DMAT標準テキスト』刊行
2012年2月 取次納品等に関する物流を全てアウトソーシング
2013年4月 第二社屋完成(へるす出版事業部)
2015年2月 2015年2月15日に創業40周年を迎える
2016年1月 新雑誌『在宅新療0-100』(ざいたくしんりょうぜろひゃく)を創刊

ページの先頭へ ▲