傷病者の搬送と移乗

傷病者の搬送と移乗

  • 定価 2,200円(税込)
  • 著:安田 康晴(広島国際大学保健医療学部教授)
  • A4・80ページ・並製
  • 発行年月:2014年06月
  • ISBN 978-4-89269-842-2
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

本書は、救急現場活動において傷病者のおかれている環境や状態、症状を把握し
安全で迅速かつ適切な搬送方法を選択し、また救急隊員にとっても安全で身体負担を
軽減させる搬送方法および移乗について解説したテキストです。
搬送や移乗方法について、写真や図を多用し、「Point!」を加えより理解しやすく
解説をしています。

Ⅰ 傷病者搬送の目的

Ⅱ 救急活動中の身体負担

Ⅲ 腰痛発生の要因

Ⅳ 腰痛発生のメカニズム

Ⅴ 身体の体重分布

Ⅵ ボディメカニクス(Body Mechanics)

ボディメカニクスの基本

ボディメカニクスの効果

ボディメカニクスの基本技術

Ⅶ 傷病者搬送の手順

搬送時の注意点

搬送経路の確認と指示

搬送障害

Ⅷ 搬送法

徒手搬送
(1)支持搬送
(2)抱き上げ搬送
(3)組手搬送
(4)両手搬送
(5)背負い搬送
(6)前腕保持搬送
(7)緊急搬送

体位変換
(1)体位変換1人法
(2)体位変換2人法

器具搬送
(1)サブストレッチャー
(2)階段搬送用ストレッチャー
(3)レスキューシート
(4)布担架
(5)毛布
(6)バックボード
(7)スクープストレッチャー
(8)バキュームスプリント
(9)バスケット型ストレッチャー
(10)メインストレッチャー

体位管理

事故車両からの救出方法
(1)緊急救出法
(2)ショートバックボードによる救出
(3)KEDによる救出

メインストレッチャーまでの搬送

メインストレッチャーへの移乗

ベッド上の傷病者の体位変換と移乗
(1)体位変換
(2)メインストレッチャーへの移乗
(3)サブストレッチャーへの移乗

メインストレッチャーによる曳航

救急車への搬入

救急車からの搬出

応援要請

Ⅸ 活動の検証と訓練

付 録
ボディメカニクス体験
チェックシート

関連書籍

  • 特定行為
  • 感染防止対策と個人防護
  • リーダーシップと救急隊長の役割
  • コミュニケーションと問診 【売り切れ】
  • 補訂版 JPTEC外傷のためのファーストレスポンダーテキスト

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲