2017年7月19日 更新

「緊急度判定支援システム JTAS2017」(アプリ)の販売について

「緊急度判定支援システムJTAS」新版のアプリ販売についてご案内いたします。
「緊急度判定支援システム JTAS2012」ではiOS版のみの発売でしたが、この度のリリースよりiOS版に加え、Android版をご用意いたしました。
JTAS2012とJTAS2017の違いはこちら(PDF)をご確認下さい。


緊急度判定支援システム JTAS2017(iOS版 / Android版)
監修:日本救急医学会,日本救急看護学会,日本小児救急医学会,日本臨床救急医学会
発行時期:2017年7月下旬
予価:3,200円(税込)(iOS版/Android版共)
対応バージョン:iOS 8.0以降(iOS版)/ Android 4.0.3以降(Android版)
※iOS版はApple AppStore、Android版はGoogle Play ストアでのご購入となります。

緊急度判定支援システム JTAS2012をご購入された方へのアップグレード対応について

アップグレード対応はございません。

1. AppStoreで購入された方:
JTAS2012からJTAS2017へのアップグレード対応はございません。改めてのご購入が必要となります。
2. 弊社経由でJTAS2012をインストールされた方:
JTAS2012からJTAS2017へのアップグレード対応はございません。改めてのご購入が必要となります。
3. アクセスキー付き『緊急度判定支援システム CTAS2008日本語版/JTASプロトタイプ』を購入され使用されている方:
JTAS2012からJTAS2017へのアップグレード対応はございません。改めてのご購入が必要となります。
なお、日本臨床救急医学会ホームページ上の「緊急度判定支援システム」は移行期間後(2018年8月末予定)、廃止となります。
4. 電子カルテ連動型でのご利用の方(施設):
導入された際の業者様までご相談下さい。

・「緊急度判定支援システム JTAS2017」(アプリ)の紹介ページはこちら
・「緊急度判定支援システム JTAS2017ガイドブック」(書籍)はこちら
・「JTAS2012緊急度判定支援システム」(旧バージョン)の概要はこちら

※一部わかりにくい文言を修正、またリンクを追加しました(2017年7月24日)

ページの先頭へ ▲