補訂版 JPTEC外傷のためのファーストレスポンダーテキスト

補訂版 JPTEC外傷のためのファーストレスポンダーテキスト

  • 定価 550円(税込)
  • 編著:一般社団法人JPTEC協議会
  • 第1版補訂版・B5・50ページ・並製
  • 発行年月:2020年01月
  • ISBN 978-4-89269-990-0
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

重症外傷傷病者発見時に、
何をすべきか、何をすべきでないか、を身に付ける

 

本書は「JPTECファーストレスポンダーコース」の教材として作成されていますが、コースの受講と関係なく、重傷外傷傷病者に最初に対応する可能性のあるすべての方を対象に、重症外傷傷病者への対応を学ぶ教科書としても活用いただきたい。

重症外傷傷病者発見から救急隊員等に引き継ぐまでの間に、何をすべきか、何をすべきでないかを身に付けることができる一冊です。

第1章 JPTECファーストレスポンダーコース
1 JPTECとJPTECファーストレスポンダーコースについて
2 法的問題
3 心理的問題
第2章 傷病者対応手順
1 状況評価
(1)安全確認
(2)感染防御
(3)傷病者の状況と受傷機転
(4)時刻の認識と通報要領
2 脊椎運動制限の考え方
3 傷病者評価
(1)自己紹介と救護の承認
(2)頸椎保護
(3)反応を確認し気道を評価
(4)呼吸の評価
(5)循環の評価
(6)意識の評価
(7)外表の観察
(8)四肢の動き・感覚の評価
(9)行うべきこと,行ってはいけないこと
第3章 手 技
1 基本手技
(1)用手的気道確保
(2)止血法
(3)刃物等の固定
(4)用手的頸椎保護
(5)フラットリフト・ログリフト・ログロール
2 オプション手技
(1)バッグ・バルブ・マスク換気
(2)頸椎カラー
(3)バックボードを用いた全身固定
(4)スクープストレッチャーを用いた全身固定
(5)ヘルメット離脱

コラム STEP UP もう少し知識を深めたい方へ
ロード&ゴー
事態対処医療
呼 吸
脈拍と血圧
ショック
ジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale:JCS)
瞳孔の観察
情報の聴取

関連書籍

  • 救急医学 2018年4月号
  • 事態対処医療
  • 神経蘇生研修指導者ガイドブック
  • 発生状況からみた 急性中毒初期対応のポイント
  • 病院前救急医学

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲