ドクターヘリハンドブック

ドクターヘリハンドブック

ドクターヘリ安全運航のために

  • 定価 5,400円(税込)
  • 監修:日本航空医療学会
  • 編集:日本航空医療学会ドクターヘリハンドブック編集委員会
  • 1・A4・158ページ・並製
  • 発行年月:2015年11月
  • ISBN 978-4-89269-877-4
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

厚生労働後援で年に2回開催をされているドクターヘリにおける実務の標準化と安全教育の必要性を最優先解題とした講習会、「ドクターヘリ講習会」が開催されています。

講習会で使用するテキストは、ページ等の制限により十分な内容にはなっていなかったため、その不足を補うためにこれまでの講習会をはじめとした安全運航に関する様々な取り組みをまとめあげました。

講習会受講者はもとより、ドクターヘリ運航に関わるすべての職種の方々に大変有用な一冊です。

巻頭言

刊行にあたって

編集委員会・執筆者一覧

ドクターヘリ使用機種の紹介

ドクターヘリ基地病院

第1章ドクターヘリとは

Ⅰドクターヘリ総論

1ドクターヘリとは

2ドクターヘリはなぜ必要か

3ドクターヘリはなぜ国として導入されたのか

4ドクターヘリの現状と効果

5航空法の改正について

6通信について

7ドクターヘリ今後の課題

8ドクターヘリとこれからの新しい救急医療体制

Ⅱ世界の救急ヘリコプター―その発展と安全―

1ドイツ

2スイス

3米国

4英国

Ⅲ航空法令とドクターヘリ

1航空法の目的

2ドクターヘリ運航と航空法

3ドクターヘリ離着陸と航空法

第2章ドクターヘリの実際

Ⅰヘリコプターの基礎知識

1ヘリコプターとは

2ヘリコプターの飛行原理

3ヘリコプターの構造と機構

4ヘリコプターの性能,特質

Ⅱドクターヘリの運航と通信システム

1運航管理とCS

2通信システム

Ⅲドクターヘリ運航上の安全管理

1AMRM

2ドクターヘリにおける飛行可能な気象状態

3ドクターヘリフライトクルーの要件

4ドクターヘリ運航一般

5感染対策

6ドクターヘリミッションの特徴

Ⅳドクターヘリ運航にかかわる費用

1ドクターヘリの運航費用

2ドクターヘリ導入の費用対効果

第3章日本のドクターヘリシステム

Ⅰドクターヘリシステム概論

1情報管理

2消防機関の役割

3ドクターヘリと消防防災ヘリ

4ドクターヘリとメディカルコントロール

5ランデブーポイントとその活用

6高速道路離着陸の要点

7夜間飛行

Ⅱドクターヘリ出動要請基準

Ⅲ固定翼機による患者搬送(経験と今後の展望)

1固定翼機の必要性

2固定翼機の長期運航の試み

3運航クルー

4出動区分

5搬送要請

6運航実績

7冬期運航の問題点

8メディカルウイングの特徴―ヘリコプターと比較して―

9運航費

10考察

第4章ドクターヘリでの医療

Ⅰ航空機による患者搬送に必要な航空医学

1航空生理学の基本的知識

2高度とその環境

3飛行が身体生理に与える影響

Ⅱドクターヘリ内での医療

1ドクターヘリに必要な医療

2ヘリコプター搬送での注意

3ドクターヘリ搭載の医療資器材・医薬品

4ドクターヘリ医療活動中の二次災害予防

Ⅲ現場活動と医療機関との連携

1現場活動

2転院搬送

3現場での診療

4災害対応

第5章フライトナースの活動

Ⅰフライトナースの役割と出動までの準備

1わが国のフライトナースの誕生

2フライトナースに求められるもの

3フライトナースの役割

4複数傷病者の対応

5災害時の対応

Ⅱ機内と現場での活動

1出動時,ヘリコプター機内で行うこと

2現場での活動

3搬送

4搬送先での申し送り

5医療機器・医療物品・薬品の管理,保守

Ⅲ医療機関での活動

1患者の安全な移動

2患者の申し送り

Appendix略語一覧(医療・航空)

◆医療関係

◆航空関係

索 引

関連書籍

  • 病院前救急医学
  • 救急医療から地域へとつなげる自殺未遂者支援のエッセンス HOPEガイドブック
  • 改訂第2版 JPTECガイドブック
  • 改訂第2版 DMAT標準テキスト
  • フライトナース実践ガイド

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲