救急医療から地域へとつなげる自殺未遂者支援のエッセンス HOPEガイドブック

救急医療から地域へとつなげる自殺未遂者支援のエッセンス HOPEガイドブック

  • 定価 2,808円(税込)
  • 監修:日本自殺予防学会
  • 編集:国立研究開発法人日本医療研究開発機構障害者対策総合研究開発事業(精神障害分野)「精神疾患に起因した自殺の予防法に関する研究」研究班
  • 1・B6・272ページ・並製
  • 発行年月:2018年05月
  • ISBN 978-4-89269-951-1
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

ACTION-J研究のエビデンスに基づいた
「ケース・マネージメント」で

自殺未遂者を HOPE 希望 につなぐ

 

【本書の概要】
本書は、自殺未遂者の再企図予防のための具体的手順とその根拠を著した、実務者と専門家による渾身の一冊です。

4章からなる本編では、自殺再企図防止のエビデンスとして発表された「自殺企図の再発防止に対する複合的ケース・マネジメントの効果 : 多施設共同による無作為化比較研究」(ACTION-J)をもとに、難しいとされる自殺未遂者ケアを詳述しています。また、23個のコラムには、本文では説明しきれない実践や知っておきたい予備知識を掲載し、ハンディーながらも読みごたえのある一冊になっています。

自殺再企図予防の実現には、チーム医療が不可欠です。
自殺企図者が運ばれる「救急科」、精神的ケアを受け持つ「精神科」、そして患者が帰っていく「地域」を強力につなぐため、各領域で活躍する「医師」「看護師」「保健師」「ソーシャルワーカー」「臨床心理士」「自治体職員」など、自殺未遂者にかかわるすべての方に一読いただきたい実践的自殺予防対策書決定版です!

※「HOPE」はHospital Oriented Suicide Prevention after Emergency Careの略で、救急医療から始まる支援により自殺未遂者を希望につなぎたいという願いが込められています。

【本書の特徴】
〇 ACTION-J研究に裏打ちされた「自殺未遂者ケア」を詳述!
〇 さまざまなケースに対応する自殺未遂者ケアに必要な社会資源や公的制度を網羅!
〇 診療報酬評価「救急患者精神科継続支援料」の施設要件で示される研修の内容にも対応!

関連書
救急現場における精神科的問題の初期対応;PEECガイドブック改訂第2版
~多職種で切れ目のない標準的ケアを目指して

はじめに

第1章 救急医療を起点とした自殺未遂者支援のエビデンスとその施策化

Ⅰ 日本の自殺および自殺未遂の実態
Ⅱ 救急医療を起点とした自殺未遂者支援のエビデンス
Ⅲ ACTION-J;ケース・マネージメント介入は自殺未遂者の自殺再企図を抑止する
Ⅳ エビデンスに基づいた自殺未遂者支援の施策化

第2章 自殺未遂者支援のためのケース・マネージメント

Ⅰ ケース・マネージメントの実際
Ⅱ ケース・マネージメントに必要な心理教育
Ⅲ ケース・マネージメントの実施に際して必要な準備
Ⅳ ケース・マネージメントの具体例
Ⅴ インシデント総論
Ⅵ インシデント対応の実際

第3章 自殺未遂者支援のために必要な知識

Ⅰ 救急搬送から初療まで;救命救急センターで何が行われるか
Ⅱ 自殺行動の心理プロセス
Ⅲ コミュニケーションスキル;自殺念慮を聴く
Ⅳ 自殺未遂の背景にあるもの;リスク因子と防御因子
Ⅴ チーム医療とセルフケア
Ⅵ 自死遺族が必要とする支援
Ⅶ 学会の紹介と関連する取り組み

第4章 救急医療から地域へ;必要とされる社会資源と公的制度

Ⅰ 社会資源とは
Ⅱ 保健・医療
Ⅲ 医療費の負担軽減
Ⅳ 法的問題・多重債務
Ⅴ 障害者
Ⅵ 子育て
Ⅶ 高齢者
Ⅷ 女性
Ⅸ 性の多様性
Ⅹ 住まい
Ⅺ 経済的な支援
Ⅻ 就労,復職,離職,失業

あとがき

【column】
1. 精神科リエゾンチーム加算;その制度の役割
2. 精神科リエゾンチーム看護師として活動するには?
3. 一酸化炭素の使用による自殺企図後の注意点
4. 自殺の意図の確認がなぜ必要か;低い援助希求を克服する
5. 関西地域での多施設合同カンファレンス
6. 院内自殺を防ぐ;入院患者の自殺事故調査
7. 精神科医の顔ももつ救急医の思い
8. 通報からかかわる救急隊員の思い
9. 自殺企図を繰り返す患者への思い
10. 搬送直後の動揺した家族へのかかわり方
11. がん・緩和ケアと自殺予防
12. 向精神薬の処方制限
13. 精神科退院後の自殺
14. 依存症患者の自殺未遂に際して必要な対応
15. 熊本地震における院内ストレスケアチームの活動
16. 大規模災害時に必要な精神保健活動
17. 自殺既遂後の対応;葬儀費用,お墓,お骨の処理,事故物件の処理
18. 自殺予防に関する国際学会
19. 「いのちの電話」の活動
20. 児童の自殺未遂に際して
21. 認知症高齢者の自殺
22. 妊産婦・産褥期の自殺
23. 性的指向・性自認と自殺

関連書籍

  • 病院前救急医学
  • 救急現場における精神科的問題の初期対応 PEECガイドブック改訂第2版
  • 改訂第2版 DMAT標準テキスト
  • フライトナース実践ガイド
  • ドクターヘリハンドブック

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲