救急医療における 終末期医療に関する提言(ガイドライン)

救急医療における 終末期医療に関する提言(ガイドライン)

  • 定価 540円(税込)
  • 監修:日本救急医学会
  • 編集:日本救急医学会 救急医療における終末期医療のあり方に関する検討委員会
  • A4・48ページ・並製
  • 発行年月:2010年06月
  • ISBN 978-4-89269-712-8
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

本書は救急医学会が公表した『救急医療における終末期医療に関する提言(ガイドライン)』の内容を易しくまとめた解説書です。「救急医療現場の終末期」における様々な難しい課題(終末期の判断、家族への対応、延命措置に関わる判断・中止する方法の選択肢など)について、マンガを用いながら、具体的にきわめてわかりやすく説明しています

絵で見る「救急医療における終末期医療」

救急医療の終末期に関する背景認識と本ガイドライン作成の意義

救急医療における終末期医療に関する提言(ガイドライン)

用語解説

〈参考〉

「救急医療における終末期医療に関する提言(ガイドライン)」
を使用するにあたって

救急医療の終末期に関する背景認識と
本ガイドライン作成の意義

救急医療における終末期医療に関する提言(ガイドライン)

関連書籍

  • 高気圧酸素治療のための医学・生理学
  • 脳死
  • 組織移植Text Book
  • 有害事象の報告・学習システムのためのWHOドラフトガイドライン
  • 新しい救急医療体制の構築

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲