臓器提供ハンドブック

臓器提供ハンドブック

終末期から臓器の提供まで

  • 定価 2,860円(税込)
  • 監修:横田 裕行(厚労科研研究班 主任研究者)
  • B5・100ページ・並製
  • 発行年月:2019年10月
  • ISBN 978-4-89269-985-6
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

「臓器提供…!? まず何から、どうすれば…??」
―― 臓器提供、はじめの一歩 ――

 

●「重症患者の搬入」と「患者・家族の支援」から「摘出術後の振り返り」まで、臓器提供のプロセスを、シーンごとに解説
提供施設側の視点で書かれているから、実際に経験したからこそのポイントがわかりやすい!
本文はすべてチェックボックス付きの箇条書き、研修・トレーニングなどにも使いやすい!
●臓器提供に至る流れがひと目でわかる「全体フローチャート」で、予習・復習・確認ができる!
オールカラーの「漫画パート」で、各シーンの状況や展開をイメージしながら勉強できる!

 

患者・家族の意思と希望をつなぐ
終末期対応の選択肢を広げるために

 

シーン別解説

シーン0:院内体制の構築
シーン1:急性期重症患者とその家族の支援
シーン2:終末期患者の把握
シーン3:NWCo,都道府県Co との連携
シーン4:臓器提供も見据えた患者管理
シーン5:脳死とされうる状態の判断
シーン6:家族への情報提供
シーン7:警察への対応
シーン8:法的脳死判定
シーン9:メディカルコンサルタントの役割
シーン10:手術室の準備
シーン11:摘出チームへの対応
シーン12:摘出術
シーン13:お見送り
シーン14:臓器提供終了後

Appendix

1:小児患者の場合の注意点
2:心停止後臓器提供への対応

関連書籍

  • 高気圧酸素治療のための医学・生理学
  • 脳死
  • 組織移植Text Book
  • 症例に学ぶ成人呼吸ECMO管理     【売り切れ】
  • 母体救命 アドバンスガイドブック J-MELS

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲