新 弾性ストッキング・コンダクター

新 弾性ストッキング・コンダクター

静脈疾患・リンパ浮腫における圧迫療法の基礎と臨床応用

  • 定価 2,700円(税込)
  • 編集:平井 正文(東海病院下肢静脈瘤・リンパ浮腫・血管センター)
  • 編集:岩井 武尚(つくば血管センター)
  • A5・200ページ・並製
  • 発行年月:2010年06月
  • ISBN 978-4-89269-711-1
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

本書は、静脈疾患やリンパ浮腫の患者が増え、患者の治療意欲や情報への関心も高まっているなか、弾性ストッキング使用に際して、患者に適正な指導を施し、患者の質問に答えられるように実践的で分かりやすい記述で解説した一冊です。弾性ストッキング・コンダクター講習会のテキストでもあります。

第1章 圧迫療法の役割

弾性ストッキング,弾性スリーブの歴史/圧迫療法の種類と役割/弾性ストッキングコンダクター

第2章 静脈疾患を知ろう

静脈還流障害の起こるわけ(閉塞と逆流)/下肢静脈瘤の臨床/深部静脈血栓症がなぜ起こるのか/静脈血栓後遺症(血栓後症候群)とは/肺血栓塞栓症/先天性血管形成異常などを知る

第3章 リンパ浮腫を知ろう

むくみのメカニズム/リンパ浮腫の発生/リンパ浮腫の特徴/リンパ浮腫の予防と治療

第4章 圧迫療法を理解する

弾性ストッキングと弾性スリーブの種類と選び方/弾性ストッキング・スリーブへの不満とその解消法/弾性ストッキング・弾性スリーブの正しい使用法-合併症に気をつけよう-/弾性包帯/間欠的空気圧迫法(IPC)

第5章 圧迫療法の具体的応用法

下肢静脈瘤の治療方法と圧迫療法/深部静脈血栓症の予防・治療と圧迫療法/リンパ浮腫の治療と圧迫療法

第6章 患者さんからの苦情,質問に答える

一般的な質問

足をこんなに締め付けても大丈夫?/ストッキングの上端が丸まって痛む/食い込んで痛む/足首の部分のシワがとれない/はいていると足が痛む/足の甲が腫れた/弾性ストッキングでかぶれた/暑くて,はけない/静脈炎を起こしたが,弾性ストッキングをはいてもよいのか?/水虫がある/弾性ストッキングをはくと,外反母趾が痛む/弾性ストッキングが長すぎる,短すぎる/少し伝線したが/夜(就寝時)もはくのか?/他人の弾性ストッキングを使ってもよいか?/他の病院で買った弾性ストッキングがあるが/蒸し暑いために,弾性ストッキングを切ってもよいか?/弾性ストッキングの代わりに弾性包帯を使いたい/Mサイズの人に,きついからといってLサイズのストッキングを使ってもよいか/妊娠時の弾性ストッキング使用上の注意事項は?/弾性ストッキングでかゆみが出るが・・・/われわれ医療従事者もむくみやすい。どんな弾性ストッキングをはいたらよいか?

深部静脈血栓症予防についての質問

寝たきりの人の深部静脈血栓症予防に弾性ストッキングは有用か/術後の深部静脈血栓症予防のために,弾性ストッキングはいつからはかせるのか/術後,弾性ストッキングをいつまではかすの/弾性ストッキングは,両足にはくのか/弾性ストッキングを,夜脱がせるのか/24時間はいていても足の血行障害が起こらないか/途中で脱がせてもよいのか/弾性包帯でもよいのか/どこを測定して,サイズを決めるのか/パンストタイプはないのか/ハイソックスタイプではなく,ストッキングタイプを使用したいが/どうしても,シワができてしまうが/足が短くてストッキングの太もも部分があまってしまう/ハイソックスが膝の上までいってしまう。上端を折り曲げてもよいか/ハイソックスタイプが膝の下で食い込んで痛む/一人の患者さんで使用した弾性ストッキングを,他の患者さんに使用してよいか/IPCを使うときには,弾性ストッキングを脱がせたほうがよいのか/手術後,自分ではけない人にどう弾性ストッキングをはかせたらよいか/弾性ストッキングをはいて,かかとに褥瘡ができることがある/エコノミークラス症候群の予防にはどんな弾性ストッキングを使用したらよいか/小児の深部静脈血栓症予防はどうしたらよいか/妊婦さんと深部静脈血栓症の予防について/肺血栓塞栓症の予防,リンパ浮腫の治療では弾性ストッキングが保険適用になっていますが,下肢静脈瘤では適応がありません。外国ではいかがでしょうか

リンパ浮腫治療についての質問

リンパ浮腫の患者さんが,弾性ストッキングを2枚重ね着したいといっているが・・・/下腹部や陰部も腫れている/ベルトつき片足ストッキングが太ももに食い込む/リンパ浮腫の患者さんが,ハイソックスをはきたいといっているが/分離型のスリーブで,炊事のときにグローブ(ミトン)をはずしてもよいか/分離型のスリーブが,手首で食い込んで痛む/ミトンとグローブはどう違うのか/静脈疾患用とリンパ浮腫用とで弾性ストッキングのどこが違うか/リンパ浮腫では,short-stretchの弾性ストッキングがよいというが/リンパ浮腫では,夜(就寝時)も弾性ストッキング・スリーブをつけたほうがよいか/リンパ浮腫の治療では,初めに必ず弾性包帯を使うのか

第7章 各種製品の特徴

アルケア株式会社/アルフレッサ ファーマ株式会社/発売元:小林製薬株式会社/販売/販売元:テルモ株式会社/販売元:東レ・メディカル株式会社/ナック商会株式会社/日本シグマックス株式会社/日本シャーウッド株式会社/株式会社メディックス/ユコー株式会社/株式会社 リムフィックス

関連書籍

  • 在宅新療0-100 2017年10月号
  • 在宅新療0-100 2016年5月号
  • 診断・治療と患者指導 リンパ浮腫全書
  • 外科医の外科医による外科医以外にもためになる 学会発表12カ条
  • 在宅新療0-100 2018年10月号

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲