消化器外科病理アトラス

消化器外科病理アトラス

  • 定価 17,600円(税込)
  • 編集:櫻井 幹己
  • 編集:曽和 融生
  • 編集:木下 博明
  • A4・388ページ・並製
  • 発行年月:1997年04月
  • ISBN 978-4-89269-264-2
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

外科医は対象とする疾患の臓器や器官・部位の病理学的変化を正しく把握してアプローチする必要があるのは言うまでもない.カラー写真約900点を駆使して疾患の形態学的な変化を余すところなく提示した本書は,外科学と病理学との見解を見事に統合している.医学生に薦めたい画期的な一書である.

第1章 食 道
1 食道表在癌/大平雅一(大阪市立大学第一外科)
2 進行食道癌/長山正義(大阪市立大学第一外科)
第2章 胃
1 隆起型早期胃癌/桜井幹己(大阪市立大学第二病理)
2 陥凹型早期胃癌/加藤保之(大阪市立大学第一外科)
3 表層拡大型早期胃癌/鄭 容錫(大阪市立大学第一外科)
4 肝転移を伴う胃癌/加藤保之
5 胃癌の腹膜播種性転移と開腹時腹腔内洗浄細胞診/加藤保之
6 残胃の癌/鄭 容錫

7 胃の非上皮性腫瘍/加藤保之
8 胃悪性リンパ腫/加藤保之
9 胃カルチノイド/加藤保之
10 各種免疫染色像からみた胃癌の悪性度/前田 清(大阪市立大学第一外科)
第3章 小腸・大腸
1 小腸悪性腫瘍/吉川和彦(大阪市立大学第一外科)
2 小腸良性腫瘍/久保俊彰(ペガサス馬場記念病院外科)
3 十二指腸腫瘍/金沢景繁(大阪市立大学第二外科)
4 乳頭部癌/久保正二(大阪市立大学第二外科)
5 腸結核症(intestinal tuberculosis)/池原照幸(大阪市立十三市民病院外科)
6 虫垂腫瘍/石川哲郎(大阪市立大学第一外科)
7 早期大腸癌/池原照幸
8 大腸癌肝転移/西野裕二(大阪市立大学第一外科)
9 大腸憩室症/長山正義
10 潰瘍性大腸炎/奥野匡宥(大阪市立総合医療センター外科)
11 Crohn病/奥野匡宥
12 大腸ポリポーシス/池原照幸
13 直腸の粘膜脱症候群/奥野匡宥
第4章 肝・胆・膵・脾
1 肝細胞の病理組織像/若狭研一(大阪市立大学医学部付属病院病理部)
2 肝細胞癌の多中心性発生/久保正三
3 肝細胞癌の進展様式/奥田豊一(大阪市立大学第二外科)
4 小肝癌/首藤太一(大阪市立大学第二外科)
5 混合型肝癌/池辺 孝(大阪市立大学第二病理)
6 術前療法の併用された肝癌/三上慎一(大阪市立大学第二外科)
7 肝癌類似病変/首藤太一
8 良性肝腫瘍/半羽宏之(大阪市立大学第二外科)
9 肝内結石症/半羽宏之
10 胆嚢癌/塚本忠司(大阪市立大学第二外科)
11 胆管癌/広橋一裕(大阪市立大学第二外科)
12 肝内胆管癌/山本隆嗣(大阪市立大学第二病理)
13 膵管癌と腫瘍関連抗原/鄭 容錫
14 膵腫瘍/塚本忠司
15 膵嚢胞性疾患/仲田文造(大阪市立大学第一外科)
16 膵内分泌腫瘍/澤田鉄二(大阪市立大学第一外科)
17 脾疾患/山下隆史(大阪市立大学第一外科)
第5章 その他
1 消化器悪性腫瘍と皮膚病変/永井裕司(山本第一病院外科)
2 後腹膜腫瘍/西口幸雄(大阪市立大学第一外科)

関連書籍

  • 腹腔鏡下脾臓摘出術
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術・総胆管結石手術
  • 腹腔鏡下大腸切除ハンドブック
  • 腹腔鏡下アカラシア手術、GERD、食道裂孔ヘルニア手術
  • 腹腔鏡(補助)下幽門側胃切除術

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲