改訂第2版 救急認定ソーシャルワーカー標準テキスト

改訂第2版 救急認定ソーシャルワーカー標準テキスト

救急患者支援

  • 定価 3,960円(税込)
  • 監修:救急認定ソーシャルワーカー認定機構
  • 編集:救急認定ソーシャルワーカー認定機構 研修・テキスト作成委員会
  • 第2版・A4・164ページ・並製
  • 発行年月:2024年06月
  • ISBN 978-4-86719-090-6
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

本書には電子書籍版があります。電子書籍版(個人向け)は下記よりご購入が可能です。

改訂第2版 救急認定ソーシャルワーカー標準テキスト;救急患者支援【電子版】
医書.jp: https://store.isho.jp/search/detail/productId/2406537910 外部リンク


救急認定ソーシャルワーカーに必要な知識と実践事例をまとめた
『救急認定ソーシャルワーカー標準テキスト』の改訂版

 

救急認定ソーシャルワーカー認定機構が実施する認定研修のための標準テキストとして、コンパクトに、実践的にまとめられている。

救急認定ソーシャルワーカー認定研修を主な目的に編集されているが、救急医療に関連する医療政策担当者や病院関係者、さらに医療現場で多職種協働の担い手となる医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士・栄養士など関連職種の方々にも参考になる。

さまざまな課題を抱える救急患者にかかわる救急認定ソーシャルワーカー必携の1冊!

第 1 章 救急医療と救急医学

第 1 節 救急医療体制
第 2 節 救急医学概論
コラム    災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team;DMAT)とは
第 3 節 救急医療における精神科諸問題と対応
コラム    PEEC™(Psychiatric Evaluation in Emergency Care)コースについて
コラム    入院時重症患者対応メディエーター(Critical Care Mediator)養成講習

第 2 章 救急認定ソーシャルワーカー

第 1 節 救急認定ソーシャルワーカー認定制度
第 2 節 救急認定ソーシャルワーカーの役割

第 3 章 救急医療におけるソーシャルワーク

第 1 節 救急医療における倫理的課題
第 2 節 救急医療における患者・家族の権利擁護
第 3 節 救急医療におけるチームアプローチ
第 4 節 救急医療におけるソーシャルワーク(精神科リエゾン)
第 5 節 精神科救急医療におけるソーシャルワーク

第 4 章 救急医療におけるソーシャルワーク実践の展開

第 1 節 実践の展開
コラム    病院前救護体制と ESW の連携
第 2 節 実践事例;知的障害のある息子を案じて入院を拒否する母親への支援
第 3 節 スーパービジョン事例

第 5 章 典型的な支援領域の事例

事例の説明
事例 1  心肺蘇生後
事例 2  脳血管障害
事例 3  頸髄損傷
コラム  リハビリテーションスタッフとのチームアプローチ
事例 4  熱傷(火災)
事例 5  自殺企図
事例 6  ホームレス状態
事例 7  交通外傷
事例 8  外国人
事例 9  児童虐待
事例 10 DV
コラム     虐待・DV 対応における通告・通報
事例 11 特定妊婦(未受診妊婦)
事例 12 アルコール多飲(アルコール依存症)
コラム   アルコール依存症を発見する簡易スクリーニングテスト
事例 13 精神科救急
コラム     精神科入院形態
事例 14 帰宅困難者
コラム    帰宅困難者のフロー
事例 15 熱中症
事例 16 末期がん患者
事例の総括

索 引

救急認定ソーシャルワーカー認定研修

関係団体との連携のもとに、救急医療現場におけるソーシャルワーク実践に必要な知識及び技術を有するソーシャルワーカーを養成し、統一した基準の下にその認定を行うことで、救急医療の質の向上および人間の福利(ウェルビーイング)の増進に貢献することを目的としている

研修・学会案内 - 救急認定ソーシャルワーカー認定機構ウェブサイト

関連書籍

  • 救急患者支援 地域につなぐソーシャルワーク
  • 救急医学 2021年5月号
  • 改訂第2版 精神障がい者のための就労支援
  • 妊産褥婦メンタルケアガイドブック
  • よくわかるアディクション問題

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲