救急医学 2019年5月号

救急医学 2019年5月号

それって”いざこざ“?

医療現場におけるコンフリクト・マネジメント

  • 定価 3,024円(税込)
  • 第43巻第5号
  • B5・128ページ
  • 雑誌コード 02911
  • ISSN 0385-8162

【連載「判例から学ぶ」文献・補足資料はこちら】

2019年5月号掲載
第2回「突然の産科医逮捕―県立大野病院事件」
文献・補足資料

1) 安福謙二:なぜ,無実の医師が逮捕されたのか;医療事故裁判の歴史を変えた大野病院裁判,方丈社,東京,2016.
2) 水谷渉:福島県立大野病院事件;産婦人科医の注意義務が問題となった事例.判例時報 2295 : 3-27, 2016.
3) 日本臨床医学リスクマネジメント学会:シンポジウム記録集;県立大野病院事件を振り返る.安全医学 13 : 1-38, 2016.
4) Higuchi N : Should medical errors be judged by the criminal court? Towards the creation of a new system for patient safety in Japan. Japan Med Assoc J 55 : 128-138, 2012.
5) 澤倫太郎:「県立大野病院事件」から見えてくること;医療への刑事司法介入は何を招くか.世界 781 : 195-209, 2008.
6) 日本医師会:日医総研シンポジウム;更なる医療の信頼に向けて;無罪事件から学ぶ,2011.(http://www.med.or.jp/etc/jmari/)

特集 それって“いざこざ”?─医療現場におけるコンフリクト・マネジメント


Ⅰ.コンフリクト・マネジメントの実践

コンフリクト・マネジメントの実践事例1~10

Ⅱ.知っておきたいキーワード

謝罪,情動,コミュニケーション
敦賀市立看護大学看護学部看護学科/杉浦 良啓

臨床倫理とメディエーション
山形大学医学部総合医学教育センター/中西 淑美

医療安全と医療メディエーション
日本赤十字社和歌山医療センター/直川 匡晴

ナラティブ・アプローチ
立命館大学総合心理学部/斎藤 清二

インフォームド・コンセント
上尾中央総合病院/長谷川 剛

Ⅲ.コンフリクト・マネジメントを深く学ぶ

コンフリクト・マネジメントと医療
早稲田大学大学院法務研究科/和田 仁孝

病院内での医療メディエーションの活用
岩手県立中部病院/伊藤 達朗

救急領域におけるコンフリクトと患者・医療者関係
新潟県立新発田病院/塚田 芳久

医療有害事象発生時の病院対応のあり方
山梨大学医学部附属病院医療の質・安全管理部/荒神 裕之

Ⅳ.コンフリクト・マネジメントをさらに活かす

避難所におけるコンフリクトへの医療メディエーションの適用例
石巻赤十字病院呼吸器外科/植田 信策

自死遺族への対応
島根県立こころの医療センター/小林 孝文

臓器提供の現場から
筑波大学附属病院/平井 理心


連載

救急医四方山話
『ゴール裏』のすゝめ
栃木県済生会宇都宮病院/東京都立多摩総合医療センター/萩原 祥弘

私の心に残る1例
再生医療の研究をはじめたわけ
海老名総合病院/東海大学医学部/猪口 貞樹

災害医療体験記【新連載第2回!】
第2回 水に浸かった深夜の常総で
日本赤十字社医療センター救急科/近藤 祐史

判例から学ぶ【新連載第2回!】
第2回 突然の産科医逮捕─県立大野病院事件
弁護士/水谷 渉・日本医科大学付属病院/澤 倫太郎

救命救急センター紹介
太田西ノ内病院救命救急センター
太田西ノ内病院救命救急センター/麻酔科/石田 時也

※連載「ドンとこい!! 外国人救急!!」は隔月掲載の予定です※

関連書籍

  • 救急車とリハビリテーション3 長崎発 地域包括ケアとリハビリテーション
  • 救急医療40年
  • 救急医学 2019年3月号
  • 医師たちの証言
  • いのちを守る

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲