救急医学 2012年11月号

救急医学 2012年11月号

G2010からG2015へ◆売り切れ◆

第5回日本蘇生科学シンポジウム(5th J-ReSS)より

  • 定価 2,592円(税込)
  • 第36巻第12号
  • A4・128ページ
  • 雑誌コード 02911
  • ISSN 0385-8162

●エディトリアル

編集にあたって
広島市立広島市民病院麻酔集中治療科・救命救急センター 多田 恵一

I 総 論

1. G2010の課題と展望
帝京大学医学部救急医学 坂本 哲也

II BLS/EIT

1. 気道確保と人工呼吸に関するknowledge gaps;効果的な気道確保と理想的な換気量
山口大学医学部附属病院集中治療部 若松 弘也 他

2. 普及・教育のための方策;概略
九州大学大学院医学研究院先端医療医学講座災害・救急医学 漢那 朝雄

3. G2010における「胸骨圧迫」にかかわるトピックス
京都大学環境安全保健機構附属健康科学センター 石 見  拓

4. 心肺蘇生の普及に対する新たな試み;非医療従事者への効果的な普及を検討する
国士舘大学救急システム研究科 田中 秀治 他

III ALS/Hypothermia

1. ALSの今後の展望とALSにおけるHypothermiaの役割
市立札幌病院救命救急センター 鹿 野  恒

2. G2010のhypothermia(低体温療法)の概説とknowledge gaps(今後の課題)
鹿児島大学医学部救急集中治療医学 山口 桂司 他

3. 心停止後症候群に対する低体温療法と急性冠症候群
国立循環器病研究センター医療安全管理部 横山 広行

4. 各種冷却手法の概説と冷却開始から目標深部体温到達までの時間
岡山大学病院集中治療部 武田 吉正

IV Pediatric

1. 乳児心停止とPBLS
金沢大学医薬保健研究域小児科 太田 邦雄

2. 学校心停止とAED
三重大学医学部附属病院周産母子センター 三谷 義英

3. 小児病院前救護
国立成育医療研究センター集中治療科 六車 崇 他

4. 小児の院内心停止と病院安全
東京都立小児総合医療センター集中治療科 池山 貴也 他

5. 日本周産期・新生児医学会による新生児蘇生法(NCPR)普及事業の普及状況と課題
埼玉医科大学総合医療センター小児科 田村 正徳

V ACS/Stroke

1. プレホスピタルからの連携を考慮した急性冠症候群の治療
横浜市立大学附属市民総合医療センター心臓血管センター 田原 良雄 他

2. 神経蘇生ガイドラインの概要と今後の課題;とくに非脳血管障害領域
国際医療福祉大学熱海病院神経内科 永山 正雄

3. 脳梗塞に対する急性期再開通療法
虎の門病院脳神経血管内治療科 松丸 祐司

連載:外科医の帝国――現代外科のいしずえ(第11回)

第4篇 新しい医学領域の誕生 3. 脊髄腫瘍の摘出―現代神経外科の門出
市立貝塚病院 小川 道雄/訳

原著論文

当院における小児口腔外傷35症例の検討
下関市立市民中央病院小児外科 住友 健三 他

症例報告

魚骨による頸部食道穿孔の1例
横浜栄共済病院外科 平沼 知加志 他

自然還納後に診断され,保存的に治療した閉鎖孔ヘルニアの1例
健友会上戸町病院内科 松浦 良樹 他

関連書籍

  • 救急医学 2014年5月号
  • 改訂第2版 JPTECガイドブック
  • 改訂第2版 JPTECインストラクターテキスト
  • イギリス蘇生協議会Immediate Life Supportマニュアル
  • PEMECガイドブック2017

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲