精神保健福祉士養成セミナー②       精神保健学〈第6版〉

精神保健福祉士養成セミナー②       精神保健学〈第6版〉

精神保健の課題と支援

  • 定価 3,456円(税込)
  • 編集:精神保健福祉士養成セミナー編集委員会
  • 6版・B5・354ページ・並製
  • 発行年月:2017年01月
  • ISBN 978-4-89269-905-4
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

『精神保健福祉士養成セミナー』全8巻一挙改訂!

「精神保健福祉士」が国家資格となった1998年に、初の精神保健福祉士養成テキストとして産声を上げてから、改訂を重ねること6度。練り上げられた珠玉の『精神保健福祉士養成セミナー 第6版』全8巻がついに刊行!

今回は落ち着いた緑色を使用した2色刷りとなり、これまで以上にみやすくなりました。

本テキストでは、精神保健福祉法をはじめとした各種関連法規や制度・システムなどについては、最新情報に刷新しています。一方で、時代を経ても変わらない「精神保健福祉士」が持つべき、いわゆる「魂」ともいえる理念や専門性にかかわる部分は、旧版からしっかりと受け継ぎ、記載しています。

最新の知見と伝承されるべき経験知・実践知が密接に絡み合い、お互いを補完し合いながら編まれた、まさに“温故知新”のテキストといえます。

自信を持って刊行する『精神保健福祉士養成セミナー 第6版』をぜひお手元に!

最後に、これから精神保健福祉士を目指す方々が本テキストを用い、真の「精神保健福祉士」になられることを心よりお祈りしております!


編集・執筆者一覧

【編集】精神保健福祉士養成セミナー編集委員会
【編集代表】樋口 輝彦/小阪 憲司/荒田 寛
【執筆者】大塚 俊弘/竹島 正/神尾 陽子/山田 和夫/小阪 憲司/山之内 芳雄/松本 俊彦/内田 千代子/桑原 寛/三澤 孝夫/加藤 雅志/田中 克俊/結城 俊哉/富澤 宏輔/吉川 隆博/鈴木 友理子〔執筆順〕

第1章 精神保健に関する基本的理解

Ⅰ はじめに―現代社会と精神保健
Ⅱ 精神保健とは
Ⅲ 精神保健の意義と課題

第2章 ライフサイクルにおける精神保健

Ⅰ 乳幼児期における精神保健
Ⅱ 学童期における精神保健
Ⅲ 思春期における精神保健
Ⅳ 青年期における精神保健
Ⅴ 成人期における精神保健
Ⅵ 老年期における精神保健

第3章 精神保健における個別課題への取り組み

Ⅰ 精神障害対策
Ⅱ 認知症対策
Ⅲ アルコール関連問題対策
Ⅳ 薬物乱用防止対策
Ⅴ 思春期・青年期精神保健対策
Ⅵ 地域精神保健対策―地域における「心の健康づくり」の動向
Ⅶ 司法精神保健福祉対策
Ⅷ 緩和ケアと精神保健

第4章 精神保健活動の実際

Ⅰ 家庭における精神保健
Ⅱ 学校における精神保健
Ⅲ 職場における精神保健
Ⅳ 地域における精神保健

第5章 地域精神保健の現状と課題

Ⅰ 地域精神保健施策の概要
Ⅱ 地域保健・地域精神保健に係る関係法規・関係施策
Ⅲ 精神保健福祉に関する調査研究

第6章 メンタルヘルスと精神保健福祉士の役割

Ⅰ メンタルヘルスにおける精神保健福祉士の役割
Ⅱ メンタルヘルスの諸課題における精神保健福祉士の役割

第7章 精神保健にかかわる専門職種の役割と連携

Ⅰ 国および行政機関の役割
Ⅱ 各種行政機関の役割―保健所,精神保健福祉センター,市町村保健センター等
Ⅲ 保健専門職の役割
Ⅳ 各種学会,啓発団体等の役割
Ⅴ 精神保健における連携のあり方

第8章 世界の精神保健

Ⅰ 世界の精神疾患の疫学
Ⅱ WHOなどの国際機関の活動
Ⅲ 諸外国の精神保健医療の実情

関連書籍

  • 身体疾患患者の精神看護
  • 精神保健福祉士養成セミナー⑧       精神保健福祉援助実習指導・現場実習〈第6版〉
  • 精神保健福祉士養成セミナー⑦       精神保健福祉援助演習[基礎][専門]〈第6版〉
  • 精神保健福祉士養成セミナー⑥       精神保健福祉の制度・サービスと生活支援システム〈第6版〉
  • 精神保健福祉士養成セミナー⑤       精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ〈第6版〉

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲