身体疾患患者の精神看護

身体疾患患者の精神看護

リエゾンナースへの相談事例に学ぶ

  • 定価 2,160円(税込)
  • 著:平井 元子(社会保険中央総合病院)
  • B5・164ページ・並製
  • 発行年月:2013年06月
  • ISBN 978-4-89269-808-8
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

一般病棟に入院している身体疾患のある患者に、精神的諸問題や精神疾患が疑われる場合に、看護はどのように対応し、ケアをしていくとよいのか。リエゾンナースへの相談事例を通して患者・家族への対応を紹介しています。
また、ナース自身のメンタルヘルスについてもあわせて紹介しており、一般病棟の看護師にとって大変有用な一冊となっています。

I 章 身体疾患患者にみられる精神的諸問題への対応

A. 不安の強い患者
―「1人でいるのが不安」と連日のように訴える患者への対応事例

B. 抑うつ状態が疑われる患者
―「気分の落ち込み」がみられる患者への対応事例

C. 怒りやイライラ感が強い患者
―「トゲのある口調」がみられる患者への対応事例

D. 依存傾向がある患者
―ナースを引き留める患者への対応事例

E. せん妄が疑われる患者
―夜間に不穏になる患者への対応事例

F. 慢性疼痛を抱える患者
―病態と一致しない腹痛を訴える患者への対応事例

G. 死に直面している患者
―病状認識の確認が難しい患者への対応事例

II 章 精神疾患を疑われる、または既往のある患者への対応

A. 対人関係に問題のある患者
―攻撃的な言動の多い患者への対応事例

B. 自殺企図の経験がある患者
―がん転移を知り自暴的になった患者への対応事例

C. 統合失調症で治療中の患者
―被害妄想を訴える患者への対応事例

III 章 家族への対応に迷う事例

A. 平常心を保てなくなった家族
―予後不良の夫との接し方に戸惑う妻への対応事例

B. 同じ質問を繰り返す家族
―なかなか本心を語らない弟への対応事例

C. 患者同様に不安の強い家族
―患者の代弁者として介在する母親への対応事例

IV 章 ナースの感情をめぐる課題

A.「 患者の死」という対象喪失体験-1
―患者との死別による悲嘆反応が続くナースへの対応事例

B.「 患者の死」という対象喪失体験-2
―患者の自殺に衝撃を受けたナースへの対応事例

C. 感情的にうまくかかわれない患者-1
―疾患に対する先入観が対応を難しくさせた事例

D. 感情的にうまくかかわれない患者-2
―患者からの好意が対応困難を招いた事例

附章 ナース自身のメンタルヘルス対策

A.「 振り返り」でこころの疲弊に気づく
―気分の落ち込みが続く2年目ナースとの個別面接事例

B.「 ピアサポート」でチームの活性化を図る
―看護チームにサポートミーティングを活用した事例

関連書籍

  • 在宅新療0-100 2017年12月号
  • 褥瘡患者の看護技術 【売り切れ】
  • 老化と病気の理解 【売り切れ】
  • 老人看護必携
  • 精神保健福祉士養成セミナー⑧       精神保健福祉援助実習指導・現場実習〈第6版〉

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲