救急隊員による脳卒中の観察・処置の標準化 PSLSガイドブック2015

救急隊員による脳卒中の観察・処置の標準化 PSLSガイドブック2015

  • 定価 2,376円(税込)
  • 監修:日本臨床救急医学会
  • 編集協力:日本救急医学会
  • 編集協力:日本神経救急学会
  • 編集:PCEC・PSLS改訂小委員会
  • 3版・B6・218ページ・並製
  • 発行年月:2015年06月
  • ISBN 978-4-89269-866-8
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

「PSLSガイドブック2015」訂正・修正のお知らせ

 

『PSLS コースガイドブック』は,2007 年1 月に初版を,2009 年5 月に改訂版を出版し,脳卒中を疑う傷病者の観察・処置や搬送先決定の標準参考書として,すでに救急隊員に好評を博し,この『PSLSガイドブック2015』はその第3版にあたります。

本書は,病院前医療とくに救急隊員向けの図書ではありますが,コメディカル,トリアージナースや臨床研修医の脳卒中入門書としても活用が可能です。救急医療に従事されている方以外にも,広くお読みいただきたい1冊となっております。

 

<今回の改訂のポイント>

◎紙面デザインを一新。より明るく,より読みやすく。

◎2014年4月の救急救命士特定行為や包括的指示の拡大をふまえ,全項目にわたって内容の精査と加筆・修正を行いました。

◎新規4項目を追加しました。

「緊急度判定体系と救急救命士特定行為」

「特定行為プロトコール」

「病院前脳卒中スケール」

「低血糖の原因と症候」

◎シナリオシミュレーションの項目では,PSLSアルゴリズムとそれに伴う行動を二次元で表現した“クリニカルマップ”を新規挿入。よりわかりやすく,視覚的に,シナリオを理解できるようになりました。クリニカルマップはウェブ上でも見ることが可能です。

◎予備知識として役立つ「コラム」を3編追加しました。

 

 

Ⅰ部:総論

1.脳卒中の早期治療を可能にすることの重要性

2.脳卒中に対する救急医療体制(メディカルコントロール体制)の構築

3.地域における救急隊の役割

 

Ⅱ部:イントロダクションPSLS

1.PSLSの位置づけ

2.PSLSの概略

3.PSLSとISLS

4.PSLSとPCEC,JPTEC

5.緊急度判定体系と救急救命士特定行為  ※新規追加項目①

 

Ⅲ部:PSLSの実際

1.PSLSプロトコール

2.PCECプロトコール

3.特定行為プロトコール  ※新規追加項目②

4.病院前脳卒中スケール  ※新規追加項目③

 

Ⅳ部:基礎知識編

1.急性期意識障害の評価法

2.神経症候と評価

3.低血糖の原因と症候  ※新規追加項目④

4.脳卒中の判断

5.医療機関の選定

 

Ⅴ部:シナリオ

1.PSLSコースの指針

2.PSLSコースデザイン

3.脳卒中のシナリオシミュレーション

 

Ⅵ部:資料

1.脳卒中の評価法(ストローク・スケール)

2.rt-PAを用いた血栓溶解療法の適応と禁忌

3.脳卒中

 

コラム

1.脳ヘルニアとは

2.脳卒中と他の疾患との鑑別 “カメレオンとモドキ” chameleon vs mimics

3.日本脳卒中協会の活動

 

関連書籍

  • 改訂第2版 JPTECインストラクターテキスト
  • PEMECガイドブック2017
  • PCECガイドブック2016
  • AMLS日本語版
  • 改訂第2版 JPTECガイドブック

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲