子どもの外来看護

子どもの外来看護

  • 定価 3,240円(税込)
  • 監修:及川 郁子(聖路加看護大学)
  • B5・272ページ・並製
  • 発行年月:2009年08月
  • ISBN 978-4-89269-689-3
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

本書は、日本でははじめてとなる「子どもの外来看護」をテーマにした書籍です。「子どもの権利を尊重した外来看護の役割」「安心・安全に受診できるための外来環境」「外来医療に携わる保育士の役割やスタッフ教育」「外来での基本的技術(子どもへの接し方、トリアージ、検査・処置)」「健康教育」「継続看護や地域連携」などを具体的にまとめております。

外来看護師をはじめ、外来実習に携わる教育者・学生、外来運営の管理者など、外来看護に関わる方必携の一冊になっています。

[総 論]

I 外来医療

外来の現状と課題/外来の機能/病院の外来/診療所の外来

II 外来看護の役割

外来看護とは/子どもたちのための外来看護

III 外来看護の範囲と内容

外来看護の領域/活動内容/外来看護の内容

IV 外来を訪れる子どもや家族の心理と倫理的配慮

診療所・救急外来を受診する子どもと家族/病院の専門外来を受診する子どもと家族

Ⅴ 外来の環境

人的環境/物理的環境

Ⅵ 安全と危機管理

環境整備/システム/感染対策

VII 外来患者管理システムと看護記録

診療情報の基本/外来における具体的な記録/看護記録と小児看護の評価

VIII 外来保育士の活動と連携

小児を取り巻く状況/外来保育士の現況/外来における保育士の役割/保育上の留意点

IX 外来における教育的関わり

学生の実習指導/スタッフの継続教育

[各 論]

I 外来看護での基本的技術

子どもや親への接し方/各診療科の診療介助の特徴とコツ/外来で多い検査や処置時の看護援助/トリアージ/救急処置/相談業務

II 健康教育

家庭での症状への対処/育児指導/事故防止/健康検査と生活指導/服薬指導/予防接種

III 継続看護

継続看護とは/入院から退院後までのケア/キャリーオーバーへの対応/クリティカルパスを用いた関わり/在宅療養指導

IV 地域連携と協働

育児支援/保育所や学校との連携/訪問看護/虐待事例への関わり

関連書籍

  • 重症心身障害児のトータルケア
  • 診療報酬まるわかり 小児の入退院支援と訪問看護 実践ガイド
  • 立つ・歩くことを考えた 脳性まひ児のリハビリテーション
  • 母乳育児支援理解度チェック問題集
  • 新生児のからだをやさしく理解 Let’s start ! NICU看護

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲