社会学-社会理論と社会システム    【売り切れ】

社会学-社会理論と社会システム    【売り切れ】

  • 定価 2,376円(税込)
  • 編集:精神保健福祉士・社会福祉士養成基礎セミナー編集委員会
  • B5・230ページ・並製
  • 発行年月:2009年01月
  • ISBN 978-4-89269-652-7
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

本シリーズは、新教育カリキュラム「共通科目」について、精神保健福祉士・社会福祉士を養成するためのテキストである。
国民のメンタルヘルススに関わる役割の拡大や他業種との連携、相談援助業務の拡充等。新教育カリキュラムが重要視するポイントを、養成教育の第一線で活躍する執筆陣が、具体的かつ実践的に詳述している。

第1章 システムとしての社会

I 社会システム
社会システム論と社会学/社会システム論の確立/パーソンズ以後の社会システム論

II 法と社会システム
法と社会秩序/法と社会規範/法の存在形態と分野/日本の法文化と法システム

III 経済と社会システム
市場の機能/政府の役割/労働からみた社会

第2章 変容する社会

I 社会変動
社会変動の概念/近代化/産業化/高度成長の終焉とオイルショック/公害規制と日本自動車産業の興隆/情報社会

II 人口の構造と変化
人口の概念/死 亡/出 生/移 動

III 社会集団および組織の構造と動態
社会集団の概念と類型/組織と官僚制

第3章 社会のなかの<個人>

I 社会関係と社会的孤立
社会的孤立とは何か/階層論と社会的孤立/現代社会における社会的孤立の生成

II 社会的行為
社会的行為と「理解」/行為と価値/行為と認識 76

III 社会的役割
社会的役割と「私」/ミードの自我論/役割と権力

IV 社会的ジレンマ
「ゲーム理論」の展開/「ゲーム理論」における合理性/「ゲーム理論」の適用

第4章 社会学の理解

I 生活のとらえ方
ライフステージ/生活時間/消 費/生活様式,ライフスタイル/生活の質

II 家 族
家族のとらえ方/家族の歴史的変容/家族形態の変化/家族機能の変化/現代の結婚と家族の関係性/家族と社会のインターフェイス

III 地 域
地域の概念,コミュニティの概念,都市化と地域社会,過疎化と地域社会/地域社会の社会集団・組織/ネットワークとソーシャルサポート

第5章 社会問題の理解

I 社会問題のとらえ方
社会変動と社会病理学/社会病理・社会問題への対処/社会病理と社会問題/社会病理学の諸理論/逸脱行動論/社会問題の社会的構築

II 社会問題と社会的対
差別と偏見/社会問題と社会的対応―アディクションの場合

第6章 ヒューマンサービスと社会調査

I ヒューマンサービスと社会調査―質的調査法に焦点を当てて

Ⅱ 社会調査と質的調査法
「解釈的探求」としての社会調査/量的調査法と質的調査法/質的調査法の種類/問題意識と理論的な立ち位置を明確にする

III ヒューマンサービスに関連した質的調査
死の認識と終末期医療/「病い」の語り/「あいまいな喪失」

IV 調査の計画と実施
調査と倫理/説明と同意/調査協力依頼文書の作成/調査の実施と公表

関連書籍

  • 身体疾患患者の精神看護
  • 精神保健福祉士養成セミナー⑧       精神保健福祉援助実習指導・現場実習〈第6版〉
  • 精神保健福祉士養成セミナー⑦       精神保健福祉援助演習[基礎][専門]〈第6版〉
  • 精神保健福祉士養成セミナー⑥       精神保健福祉の制度・サービスと生活支援システム〈第6版〉
  • 精神保健福祉士養成セミナー⑤       精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ〈第6版〉

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲