DCLSコースガイドブック

DCLSコースガイドブック

  • 定価 3,240円(税込)
  • 監修:日本口腔外科学会 DCLSコース開発委員会
  • 編集:DCLSコースガイドブック編集委員会
  • B6・140ページ・並製
  • 発行年月:2007年10月
  • ISBN 978-4-89269-580-3
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

歯科・口腔外科医や歯科診療に従事するスタッフを対象として、心肺停止をはじめとして異物、アナフィラキシーなど患者急変への対応も含めた研修コースとして、DCLS(Dental Crisis Life Support)コースが展開されています。

本書は、このDCLSコースのテキストとして製作されたもので、 患者急変への対応に備えるため、歯科・口腔外科診療にかかわる医師・スタッフすべてに望まれる内容が、豊富な写真やイラストを用いて理解しやすく解説しています。

I部 イントロダクション

A 口腔外科医のための危機対応シミュレーション研修;DCLSコース開発の経緯

B 国際コンセンサスと日本版救急蘇生ガイドライン
心肺蘇生ガイドラインのこれまで/CoSTRと新しい日本版救急蘇生ガイドライン

C 診療手順標準化の意義
医療の質/標準化の意義

D DCLSコースデザイン
DCLSコースのデザイン/歯科診療スタッフ向けコースへの展開 ─DCLS miniコースのデザイン─

E シミュレーション研修における参加者の保護

II部 一次救命処置(Basic Life Support)

A 一次救命処置アルゴリズム
救命の連鎖とBLS/一次救命処置のアルゴリズム/一次救命処置の手順
【参考】主に市民が行う一次救命処置の手順

B 成人の一次救命処置
反応の確認/気道確保と人工呼吸/胸骨圧迫/CPRとその開始・継続/AEDを用いたBLS/歯科と気道異物

C 小児の一次救命処置
小児・乳児の心肺停止/急変した小児を発見したらどう対処すべきか/小児の一次救命処置の特徴

III部 成人の二次救命処置(Advanced Life Support)

A 二次救命処置アルゴリズム
成人の心停止に対する二次救命処置アルゴリズム/心停止アルゴリズム/心停止に対する二次救命処置の手順

B 気道管理
酸素療法/補助器具を用いた気道確保法/換気法/気管挿管/気道異物

C モニター・電気ショック
心停止のリズム/VF/無脈性VT/PEA/心静止/電気ショック

D 薬剤
薬剤投与経路
【参考】心停止で用いる薬剤

E 歯科診療でみられるさまざまな病態
迷走神経反射/過換気症候群/アナフィラキシー/局所麻酔薬中毒

IV部 代表的なシナリオ

歯科医師の救命救急研修ガイドライン

関連書籍

  • 救急医学 2018年4月号
  • 救急医学 2014年5月号
  • 救急医学 2012年11月号
  • 改訂第5版 救急診療指針
  • 改訂第2版 JPTECガイドブック

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲