2021年6月7日 更新

書籍『小児版 臓器提供ハンドブック』パブリックコメント募集のお知らせ

現在弊社にて制作中の書籍『小児版 臓器提供ハンドブック』につきまして,書籍監修者の意向と,書籍の内容・性格・公益性を鑑み,広くパブリックコメントを募集することといたしました。
下記の概要と諸注意を必ずご確認のうえ,公開用PDF(本記事内下部より直接リンク)にて本書内容をご覧いただき,ご意見・ご提案等がございましたら,下記の「パブリックコメント募集用メールアドレス」まで,必要事項を明記のうえ,メールにてお寄せください。
短い募集期間ではございますが,より良い内容を目指すべく,皆さまからの忌憚のないご意見・ご提案等をお待ちしております。

【書籍の概要】

 

【パブリックコメント募集にあたっての諸注意】

 

【パブリックコメント募集用メールアドレス】
kyukyuinfo@herusu-shuppan.co.jp

【パブリックコメント募集期間・応募方法】
2021年6月7日(月)~2021年6月23日(水)まで

 

【パブリックコメント募集用 公開PDF】
※各項目のタイトルをクリックすると,PDFにてご覧いただけます。
※各項目PDFのデータ容量は3~4MBほどです。ご注意ください。

<Ⅰ章:シーン別解説>
シーン0:院内体制の構築
シーン1:小児の急性期重症患者とその家族の支援
シーン2:回復が見込めない小児患者の把握
シーン3:回復が見込めない病状説明と家族対応
シーン4:NWCo,都道府県Co との連携
シーン5:脳死とされうる状態の判断
シーン6:被虐待児の除外
シーン7:家族への情報提供
シーン8-1:小児における法的脳死判定
シーン8-2:小児における脳波検査
シーン8-3:小児における無呼吸テスト
シーン9:臓器摘出の準備から摘出術まで
シーン10:摘出術後の看取りと家族支援
シーン11:臓器提供終了後

<Ⅱ章:小児例でとくに重要な知識・視点>
1:小児の終末期に関する現状・課題
2:小児の脳死下臓器提供における看護師の役割
3:小児の脳死下臓器提供における医療ソーシャルワーカーの役割
4:臓器提供に関する院内教育とチームづくり
5:小児における法的脳死判定に関する補足事項
6:いのちに向き合う中学・高校・大学の授業

以上
へるす出版編集部

ページの先頭へ ▲