災害医療

災害医療

医療チーム・各組織の役割と連携

  • 定価 3,672円(税込)
  • 編集:大橋 教良(帝京平成大学現代ライフ学部)
  • B5・210ページ・並製
  • 発行年月:2009年02月
  • ISBN 978-4-89269-634-3
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

「災害にどう立ち向かい、傷病者をどう助けるか?」
突然起こるさまざまな天災・人災に対し、知っておかなければならない「各組織の役割と連携」・「防災計画」・「災害訓練」など、災害時医療の基本と多くの実例を紹介しています。

救急医はもちろん、災害医療にかかわるすべての方、必読の一冊です。

第 I 章 災害に備える

災害医療に関係する法令/災害に備えるために必要な病院の設備,装備,備蓄,備品/災害訓練;病院を拠点とした訓練の重要性/災害医療研修

第II章 災害医療を支えるもの

災害における各組織の役割/HICS(Hospital Incident Command System)に学ぶ災害時の病院組織の考え方/広域航空医療搬送とSCU(Staging Care Unit)/災害医療における後方支援

第III章 災害時に特有の医療

トリアージ/CSM(Confined Space Medicine)/クラッシュシンドローム/災害による死亡と法医学;個人識別と検案/被災者・遺族・救援者へのこころのケア;救急医に知っていてほしいこと

第IV章 災害の種類別にみた対応

大規模地震災害と病院の対応/水害と病院の対応/大規模交通事故と病院の対応/NBC災害と病院の対応/大規模イベントによるマスギャザリングと病院の対応

第V章 災害派遣の実際

DMATの現場派遣;必要な装備と派遣・運用の実際/避難所における健康管理と医療班派遣/国際緊急援助隊におけるJDR医療チーム派遣の実際

関連書籍

  • 病院前救護におけるメディカルコントロール
  • 病院前救急医学
  • 災害ルール
  • 東日本大震災 DMAT全出動隊活動報告【DVD】
  • 新しい救急医療体制の構築

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲