グラウンドナースガイドブック

グラウンドナースガイドブック

―看護師の病院外救急活動―

  • 定価 4,400円(税込)
  • 監修:日本病院前救急診療医学会, 一般社団法人日本在宅救急医学会, 一般社団法人臨床教育開発推進機構
  • 編集:グラウンドナースガイドブック編集委員会
  • 初版・A4・224ページ・並製
  • 発行年月:2023年12月
  • ISBN 978-4-86719-079-1
  • ※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。

本書には電子書籍版があります。電子書籍版(個人向け)は下記よりご購入が可能です。

グラウンドナースガイドブック ―看護師の病院外救急活動―【電子版】
医書.jp: https://store.isho.jp/search/detail/productId/2406365730 外部リンク
M2PLUS: https://www.m2plus.com/content/14245 外部リンク


本邦初! 待望の
「ドクターカー同乗看護師=グラウンドナース」
のためのガイドブック

ドクターカーの意義とは「病院での医療を,緊急事態の現場に届けること」であり,医療資機材・医薬品を携行したドクターカーにより現場で迅速な医療提供を行うためには,医師と看護師が同乗し現場に向かうことが必須である。
わが国でのドクターカー活動の歴史は長いが,その多様性などから,「ドクターカー同乗看護師=グラウンドナース」に関する定義付けや整理,調査統計事業に時間を要してきた経緯があった。
しかし2018年からの全国ドクターカー協議会の検討や,2022年からの厚生労働省によるドクターカーに関する調査事業などに代表される機運の高まりを受け,より多くの医療従事者がグラウンドナースを理解し支援すること,そしてグラウンドナースが発展することを祈念し,このたび本ガイドブックが刊行された。

【本書のポイント】

グラウンドナース活動の実際を網羅
ドクターカーでの診療活動や,同乗看護の経験豊富な執筆陣による,実践に基づいた解説。ドクターカーの種類別,疾患・対象別のグラウンドナース活動の実際を学べる。

グラウンドナースの位置付けを整理
グラウンドナースの定義や,看護における位置付け,法的な位置付けが整理されており,知識を広く学べる。

ドクターカー活動の歴史,現状,連携を知る
病院外の救急活動を学ぶうえでの知識の整理,ドクターカー活動の歴史や現状,そしてグラウンドナースと連携するほかの搬送システムとのかかわりにつき学べる。

巻末資料として,
「ドクターカー運行マニュアル 第1版」掲載!!

序論
はじめに
編集委員会・執筆者一覧
監修学会・編集協力学会

第1章 病院外=out of hospital 救急活動概論

1 病院前救急医療(pre-hospital emergency medicine)の歴史
病院前救急医療(pre-hospital emergency medicine)
戦時の救急医療システム
平時の救急医療システム
2 救急医療(emergency medicine)と病院前救護(pre-hospital care)
救急隊員による病院前救急医療の処置
救急救命士による病院前救急医療における救急救命処置
わが国におけるドクターカー
3 わが国のドクターカー運用の現状
「ドクターカーの運用事例等に関する調査研究事業」報告書より
4 out of hospitalと救急看護活動
5 out of hospitalと在宅救急医療
在宅救急医療とは
在宅ドクターカーの定義
在宅ドクターカーとは
在宅ドクターカーの運用要件
在宅ドクターカーの人員要件
6 病院間搬送
病院間搬送の目的・種類
病院間搬送の診療報酬・加算
グラウンドナースのかかわり
7 遠隔医療と情報管理
遠隔医療(telemedicine)の定義
遠隔医療の種類
近年注目のオンライン診療
遠隔医療を行うグラウンドナースに必要な情報の共有および管理技術
アナログでの情報の管理と共有
8 災害医療
災害の定義
日本における災害医療
災害に対する法律
災害時の救急医療活動
災害医療の基本
国際受援
9 ドクターカー運用の安全管理
ドクターヘリの安全運航
ドクターカーにおける安全運行

第2章 グラウンドナース概論

1 グラウンドナースとは
グラウンドナースの定義
グラウンドナースの概念
臨床判断,継続看護
2 グラウンドナースの位置付け
1グラウンドナース活動上の法的位置付け
保健師助産師看護師法
看護師等の人材確保の促進に関する法律
2グラウンドナースの看護における位置付け
グラウンドナースに求められる看護
3 グラウンドナースに必要な管理
患者管理
自己管理
安全管理(自己防衛,危機管理)
感染管理
医薬品・医療機器・物品管理
労務管理
4看護倫理・倫理的配慮
看護職とは
救急医療における意思決定支援
病院外における意思決定支援
家族対応の実際
5グラウンドナースが知っておくべき位置情報管理
地図
地理情報システム(GIS)

第3章 病院外救急看護活動とグラウンドナース

1 グラウンドナース活動の実際
1 緊急車両による患者搬送の特徴・留意点
緊急車両としてのドクターカーの特徴
患者搬送中の留意点
2 出動基準(目的別・地域別)
出動要請基準:消防要請型
出動要請基準:地域運用型
前橋市のドクターカー運行体制
3 ドクターカー(準備〜現場活動〜車内活動〜医療施設)
出動方式
出動前準備
出動の流れ
要請のキャンセル
救急活動
病院選定
安全管理について
4 ラピッド・ドクターカー
5 病院間搬送
搬送前
搬送中
搬送後
6 ECMOカー
ECMO transport
ECMOカーとは
準備
primary transportの現場活動
車内活動
医療施設
7 在宅ドクターカー
活動の実際
在宅ドクターカーの資器材・物品
活動現場
在宅ドクターカーがつなぐ居住場所
2 グラウンドナースに必要な知識
1 グラウンドナースに必要な解剖学的知識
救急現場で必要な解剖学的知識
傷病者観察や処置に必要な解剖学的知識
2 内因性疾患
ショック
意識障害
胸痛
頭痛
呼吸困難・呼吸不全
構音障害・片麻痺
3 外因性疾患
頭部外傷
胸部外傷
腹部外傷
脊椎・脊髄損傷
四肢・骨盤外傷
銃創・刺創・杙創
4 小児患者への対応
小児の特徴
小児患者の対応のための準備
小児の内因性疾患
小児の外傷
小児患者の安全管理
5 妊産婦への対応・周産期カー(NICU)
母体搬送
新生児搬送
母体・新生児搬送における安全管理

第4章 在宅救急医療

1 在宅救急医療におけるグラウンドナース
1 看護師の立場から
在宅医療・看護の歴史
救急搬送
超高齢社会における課題
利用者(患者)の搬送方法
在宅医療におけるグラウンドナースの役割
2 医師の立場から
在宅救急医療におけるグラウンドナース
具体的な病態像と看護師の対応

第5章 ほかの搬送システムとの連携

1 ドクターヘリとの連携
ドクターヘリの歴史,運営・制度
ドクターヘリの基本的知識
ドクターヘリとの連携
2 救急車・消防との連携
消防の位置付けと業務
グラウンドナースと消防との協働場面
訓練・教育
3 ワークステーションなど
ワークステーションとは
携行物品・薬剤
現場での活動
注意点
4 警察との連携
事態対処医療とは
事態対処現場における外傷対応の基本
事態対処現場における傷病者対応の実際
5 海上保安庁との連携(洋上救急)
海上保安庁の位置付けと業務
海上保安庁のメディカルコントロール
グラウンドナースと海上保安庁との協働場面

第6章 グラウンドナースに求められる能力

1 グラウンドナースに求められる能力と教育
グラウンドナースに求められる能力(文献からの検討)
2 グラウンドナースのメンタルヘルス
グラウンドナースが経験し得るストレス
3 グラウンドナース教育の取り組み
1前橋赤十字病院での教育
グラウンドナース育成の実際
ドクターカーナース研修プログラムの概要
当院におけるドクターカーナース研修プログラムの実際
ドクターカーナース研修プログラムにおける評価と振り返り
ドクターカーナース研修修了者の認定
2 東海大学医学部付属病院での教育

COLUMN

ドクターカーに同乗する看護師;グラウンドナース
ドクターヘリとドクターカーレジストリ登録システム
病院前で手術を行う車両
在宅ドクターカーと技術革新
ドクターカー同乗の専門職はなぜ看護師なのか
グラウンドナースの普及のために―看護教育の視点から
大阪府三島救命救急センターにおける特別救急隊同乗看護師の活躍
USARとグラウンドナース
看護師養成課程における解剖学教育の現状と課題
松本サリン事件とドクターカー
被ばく医療の基礎知識
ファーストエイド・レスポンダーとの連携
グラウンドナースの惨事ストレス
過去の文献からみるグラウンドナースの今後の課題
グラウンドナースと総合知
グラウンドナースとフライトナース
ドクターカー活動とJTAS
グラウンドナースに期待する迅速な観察と判断
第17回日本病院前救急診療医学会・学術集会;シンポジウム3(看護セッション)・「グラウンドナースの育成と今後の展望」に参加しての報告

索引
資料 ドクターカー運行マニュアル 第1版

関連書籍

  • 妊産褥婦メンタルケアガイドブック
  • 在宅新療0-100 2019年6月号
  • 在宅新療0-100 2017年2月号
  • 高気圧酸素治療のための医学・生理学
  • 臨床倫理入門 II

書籍・雑誌検索

ページの先頭へ ▲